投稿日:2020年10月9日

屋根と外壁の寿命はどのぐらい?それぞれの耐用年数をご紹介

こんにちは。
大阪市に拠点を置き、近畿一円にて外壁工事や屋根工事などを承っております、大城工業です。
家を建てて数年、外壁などが色あせたり剥がれていたりと、劣化が気になってきたという方はいらっしゃいませんか?
今回は建物の劣化が気になる皆さまに向けて、外壁や屋根の耐用年数についてご紹介いたします。
将来的にメンテナンスが必要だなとお考えの方は、ぜひご覧ください。

外壁の耐用年数は20〜100年!

外壁の耐用年数は外壁材によっても大きく異なり、20年ほどで交換しなければならないものもあれば、コンクリート壁などのように100年近く保てます。
しかしこれはあくまでも耐用年数の話になるので、実際には7〜10年ぐらいの頻度で外壁の塗り替えなどが必要です。
色あせてくると見映えも悪いですし、塗装が剥がれてくると防水性も損なわれてきます。
丈夫でかつ美しく保ちたいということであれば、耐用年数が何十年もあるからといってそのままにせず、定期的にメンテナンスを入れていきましょう。

屋根の耐用年数は10〜100年!

屋根の耐用年数についてですが、トタン屋根だと10年程度と短めですが、日本瓦になると50〜100年といったように、屋根材によって数十年の差が出てきます。
メンテナンス時期についても屋根材によって異なりますので、日本瓦は20年、スレート屋根は7〜8年、セメント系瓦なら10年を目安に行っていけば、長持ちさせられるでしょう。
また屋根に関しては、台風や地震災害の影響も大きく受けます。
例えば日本瓦を使用していた場合、台風の風で吹き飛ばされるなど、地震の揺れで瓦が落ちてしまうということもあるので、経年劣化以外の部分でもメンテナンスが必要となってくる可能性があります。

メンテナンスのことならご相談ください!

外壁と屋根の耐用年数についてご紹介いたしましたが、お役に立ちましたでしょうか。
色あせや剥がれなどが見られた時は判断しやすいかもしれませんが、何年も経過しているもののきれいに見えるような場合は、メンテナンスの必要性について悩まれることもあるかと思います。
そんな時はぜひ弊社にご相談ください!
経験豊富なスタッフがしっかりと状況を確認して、メンテナンスが必要かどうか診断します。
早め早めのメンテナンスが建物の耐久性を左右しますので、ぜひ皆さまお気軽にお問い合わせくださいね。

楽しい会社を一緒につくりましょう!

ただいま弊社では、現場スタッフを募集しております。
家族経営ならではのアットホームさを大切にしながら、皆さまが働いていて「楽しい!」と感じられるような会社にしていきたいと考えております。
求人内容については弊社サイトに掲載しておりますので、興味がございましたらぜひご覧ください!
それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。

大城工業
〒554-0001 大阪府大阪市此花区高見3-18-1
TEL/FAX:06-7220-9539


関連記事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

大城工業では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサービスを …

施工実績を更新しました!

施工実績を更新しました!

こんにちは!大城工業です。 弊社は大阪府大阪市に事務所を構え、近畿圏内を中心に戸建住宅・アパート・マ …

元請け企業さま&新規スタッフ募集中!

元請け企業さま&新規スタッフ募集中!

こんにちは!大城工業です。 弊社は大阪府大阪市に事務所を構え、近畿圏内を中心に戸建住宅・アパート・マ …

お問い合わせ  採用情報